Calender

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2013.10.20 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

movie

容疑者Xの献身

 フランス〜成田への帰国途中、機内で鑑賞しました。

今さら!?

ってツッコミはナシです(苦笑)。

いつも機内では公開前の最新作を観るのを楽しみにしているのですが、今回利用したエールフランス航空、日本語対応の作品が極少でした
そこでおとなしく邦画を鑑賞することに。

福山湯川がイケメンすぎました。
以下、ネタバレを含む個人的感想です。


========================================

近年よく目にする ドラマ人気〜映画化 のパターンを踏襲している作品にしては硬派な印象です。
キャラクターで押しとけ!!みたいなノリは見受けられません。
そのため人気サブキャラ(と思われる)品川氏もワンシーンのみの出演だったり。(笑)
あくまでもストーリー重視です。

愛を知ってしまった数学者の哀しい運命を、推理を織り交ぜて映し出した2時間。
松雪泰子がまたはかなげできれいなんですワ。
ホステス上がりの弁当屋という役柄のため、衣裳が極めてシンプル。
エプロン姿だったり、超ひかえめな服装だったりするのですが、それでも美しい。
美人って、それだけで威力ありますね。

人間が恋をすることの素晴らしさや、それゆえの哀しさ、観ていて切なくなります。
誰もがお互いの幸せを願っているはずなのに、みんなが苦しみもがいている。
「推理小説=犯人+被害者+刑事」
というシンプルな方程式には当てはまらない作品だと思います。


よっぽどキャストに熱狂的に好きな人物がいるか、売上に貢献したい人でない限り、レンタルで自宅鑑賞するのがベストかと思われます。
個人的な感想としては、ドラマ以上映画館未満といったところでしょうか。
まだ観ていない方は、ツタヤに寄った時にでも、是非。


========================================

それにしても映画なんて観たの、本当に久しぶりでした。
TVで気になるタイトルが流れていても最後まで見られないパターンが多いからなぁ。
学生時代は平均で毎週3本観ていましたが、時間のある時に好きなだけ映画を楽しんでおいてよかったな、と今にして思います。
もっと名作を見ておいてもよかったとも思うけど。

  • 2009.06.02 Tuesday
  • 16:25

-

スポンサーサイト

  • 2013.10.20 Sunday
  • 16:25
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comment
Send Comment








   
この記事のトラックバックURL
Trackback
いろいろなダイエットを夏のダイエットで紹介します。ダイエット食品やおやつやお菓子のえらびかた。ご飯のとり方も大切です。低カロリーの豆乳もおすすめ、栄養のバランスは特に朝ごはんが基本です。
  • 夏のダイエット
  • 2009/08/03 5:02 AM